クレジットカードのこれだけは知っておきたい基礎知識

クレジットカード 基礎知識としてまず、知っておきたいことは金利のことです。これはクレジットカードを使用する上において、一番かかるコストだけにこの事をよく理解して使うのとそうでない場合では大きな差が生まれることになります。

 

金利はカードによっても異なってくるものであり、平均すると15-20パーセントの間となっています。そのため、当然金利が安いほうがお得ですからお金がない時にクレジットカードを使用して買物をする目的であるのであればできるだけ金利の安いものを選んでおくと良いでしょう。

 

そして、ここでもうひとつ重要な基礎知識としてはクレジットカードは一回払いあるいは二回払いまでなら、金利が発生しないということです。このことをよく理解してクレジットカードで決済をすると、現金で支払うよりもずっとお得に買物をすることが出来るのです。

 

現金で何かを購入する場合、現金で支払ったことによるメリットというのは基本的にありません。しかし、クレジットカードの場合ではその店で発行しているカードであれば割引などの特典を受けることが出来ることがありますし、全く関係のない場合でもカード会社からポイントなどの還元を受けることができます。このようなポイントは引き落とし額に充当することができたり、キャッシュバックを受けることが出来ることが多いので、実質この還元される分だけ割引を受けることが出来るのと同じことになるのです。

 

現金で支払ってポイントなどをもらえるわけではありませんが、クレジットカードであればポイントを貰うことができますし、一回払いかあるいは二回払いまでなら現金で支払うのと変わりありません。そのため、同じ買物をするのであればクレジットカードで買ったほうが得することはあっても損をすることは無いのです。更にその時手元にお金がかなったとしても、買物をすることができ引き落とし日までにお金を用意することができれば金利などの負担もありませんから給料日の前などには便利です。

 

そして、支払が先になるということはほんの僅かではありますが、その間に銀行にあずけておく利息などの面でも有利になります。お金があるけれども、現金を今減らしたくないという状況では支払を後回しにすることが出来るというのは、大きな利点となりますから金利の発生しない範囲で支払を後回しにしてお金を上手く使うことが出来るのです。

 

このようにクレジットカードは金利と金利が発生しない払い方のことを覚えておくと、より便利に使うことができます。