クレジットカードの審査って何をするの?

クレジットカード 審査では、様々な項目が見られます。「年収、勤務形態、勤続年数」などが重要になるということは多くの人が知っています。「年齢、居住形態、年金の種類、健康保険の種類」なども影響することがあるということは知らない人も多いかもしれません。さらに、意外に合否の分かれ道となりやすいのが、「個人信用情報、借金の借入件数と金額」です。

 

クレジットカードはキャッシング機能がついていることもありますが、ショッピング機能がメインであるため、年収などはある程度の安定収入があれば大丈夫です。主婦や学生のアルバイトでも審査に通ることはあります。ゴールドカードやプラチナカードは30代以上の一定の収入のある正社員向けのカードであることが多いですが、ノーマルカードやクラシックカードの場合はアルバイトで低い収入しかない人でも十分に審査に通る可能性はあります。

 

クレジットカードの申込み時にキャッシング枠の希望を書く欄が設けられていることがありますが、キャッシング枠の希望額を高くするほど審査は厳しくなります。ショッピングに使うのであれば、キャッシング枠の希望はゼロもしくは10万円にしておきましょう。

 

個人信用情報というのは、過去のクレジットカードやローンの利用実績のことです。過去にクレジットカードやローンで延滞をしていると、審査で不利になります。また、最近では携帯料金の延滞で個人信用情報に傷がつくケースも増えました。携帯料金の中に携帯本体の割賦払い料金が含まれている場合には延滞をすると個人信用情報に傷がつくので注意をしておきましょう。

 

個人信用情報は、必ずしも不利になるばかりではありません。今まで良好なクレジットヒストリーを築いてきている人にとっては、むしろ有利になるポイントです。これまで全くクレジットカードなどの金融商品を使ったことがないという人は、個人信用情報が真っ白な状態になっています。これをスーパーホワイトと呼ぶことがあります。スーパーホワイトの状態にある人は、有利にはならないものの、不利にもなりませんので、それほど難易度が高くないクレジットカードであれば審査に通る可能性は高いと思われます。

 

次に審査に落ちる原因となりやすいのが、「借金の借入件数と金額」です。同じ100万円を借りている場合でも、1社から100万円を借りている場合よりも、4社から25万円ずつを借りている場合の方が信用は大きく落ちます。なるべく借金は1社からするようにしておきましょう。自動車ローンなどは多くの人が利用していますが、年収に対して無理のない借金をしているのであれば、それほど不利にはなりません。