学生向けポイントの貯まりやすいクレジットカード

学生向けに用意されているカードは数多ありますが、それぞれが付加価値をつけています。そして、その付加価値として多いのが、ポイントが通常のカードよりも貯まりやすいようになっているということがあげられます。通常カードだと、ポイントがドのくらいたまるのかは、それまでの利用実績に応じて決まるカードが多いです。例えば、20万円ごとにポイントがアップするといった具合です。

 

その点、学生カードは、特に利用実績がなくても高い還元率になっています。なぜ学生向けのカードがそうなっているのかと言えば、将来的に顧客になってもらうために囲い込みを行っているからです。そのため、このカードで利益を出そうとは考えていません。そのため、学生カードは年会費無料というところも多くなっています。

 

学生の時にカードを作っておくメリットは、学生だと審査が緩いというところにあります。社会人になれば、カードを作るときに年収や借入状況を詳細にチェックされます。そのため、特に働きはじめで収入が安定していないときには、カードを作れないことがあります。一方、学生向けのカードは有効期限が来れば一般カードへと切り替えてもらうことができますし、有効期限が来る前までは使い続けることができます。

 

そもそも、学生はアルバイト収入があったとしてもたいした額ではありません。それなのにも者奇人より優遇されているのは、将来的に長く使ってもらいたいと考えていることに他なりません。そのため、せっかくならば学生のうちに作っておくと良いでしょう。特に銀行系のカードは、審査が厳しめになっているので、学生に作っておくことをおすすめします。

 

ただし、銀行系のカードは、信販系や流通系といったクレジットカードと比較すれば、ポイントは貯まりにくく、還元率は低めであるという特徴があります。そのため、たまりやすいカードがとにかくほしいという人には向いていないでしょう。しかし、将来的にゴールドカードを作るためには利用実績を持っておく必要がありますが、ステータス性の高い銀行系は利用実績を作る前に作成が困難です。

 

その点、学生ならば比較的容易に作成することができるので、活かした方がお得です。もちろん、銀行系が貯まりにくいとはいっても、学生向けカードの場合は通常よりも2倍でたまるようにしているところもありますので、学生向けならではの得点は教授することができます。好みで選択すると良いでしょう。