学生に人気なクレジットカードはこれ!

クレジットカードの中には、「学生向けクレジットカード」というものが存在します。その名の通り学生のために作られたもので、一般的に高校生を除く大学生・専門学校生・短期大学生・大学院生などの18歳〜25歳くらいの方を対象にしたクレジットカードです。もちろん、「学生向け」のカードですから、学生身分の方以外は作ることができません。

 

しかし、なぜ学生向けクレジットカードなるものが存在するのでしょうか。そもそも、クレジットカードは収入のある方しか持つことができない支払いツールであり、収入が全くない大学生や専門学校生はカード発行の対象外です。

 

ではなぜ収入のない大学生や専門学校生専用にカードを発行しているのでしょうか。

 

その理由の1つに「保護者の存在」があります。学生は基本的に保護者から資金援助を受けていますから、カードを発行してもその利用代金の回収はそれほど難しくはありません。もし、カードを発行した学生が代金を踏み倒してしまったとしても、その学生の保護者が代わりに返済してくれるだろう、という「補償」がありますので、カード会社は積極的に学生にもカードを発行することができるのです。同時に、利用限度額を低く設定することにより、万が一の場合の損失も小さくしています。

 

2つ目は、学生が学校を卒業し、社会人になった後のことを考えて、です。カードは、一度保有するとそのカードを長く使い続ける傾向があります。学生のうちからカードのファンになってもらうこと、学生 人気を得ることで、社会人になっても使い続けてもらえるだろう、という意図があります。

 

実際に、学生時代にカードを発行した方は、あまりお得感がないもの、ポイントが貯まりにくいものであっても「愛着」や「恩義」を感じ、なかなか手放せなくなる、というケースが多数みられます。

 

また、カードの作成がかなり簡単であることや、審査が非常に緩いことも学生人気を高めるカードの特徴であると言えます。カード会社としては、とにかく学生に自社のカードを持ってもらいたいのです。将来的に優良顧客になってくれるかもしれない学生は、多ければ多いほど良いのですから。自社利益につなげるために、1枚でも多く発行したい、というのが会社側の本音であると言えるでしょう。

 

申し込む側としても、社会人になってからよりも学生の時に申し込む方が入会審査が通りやすいというメリットがあります。「学生の特権」を上手に利用することで、自分に合ったカードを選ぶことができるでしょう。