学生でもクレジットカードって作れる!?

学生でも作れるクレジットカードは意外と充実しています。基本的にクレジットカードは、安定した収入を持った人を対象としています。しかし、学生は例外です。将来的に就職してからも使ってもらえるように、学生に対しては積極的にカードを発行しています。もちろん、対象となっていない物も存在します。学生が作れるカードかどうかは、申し込み条件欄を見ればわかります。このところに学生は不可と書かれていれば、作ることはできません。

 

学生が作ることが可能なカードには、学生カードと一般カードがあります。後者は、学生だけが対象という訳ではありません。一方学生カードを作れるのは学生だけです。そのため、学生に最適な特典を用意していることが多いです。例えば、学生の間は年会費が無料である場合が多いです。また、カードを利用したときに溜まるポイントも、通常のカードよりも優遇されていることが多いです。そのため、どうせ作るのであれば、学生の内は学生カードを作ることをおすすめします。

 

学生カードを発行するために必要な書類は、身分証です。これは、現住所の確認のために必要です。申し込みの際は、このコピーを郵送します。ただし、これを送る前には仮審査が行われます。仮審査に通らない限り、そもそも身分証を郵送するように指定されることは有りません。そして、仮審査に通った段階で審査通過が決定したわけではありませんが、多くはそのまま審査に通過する傾向にあります。もちろん、これはカード会社や申込者の信用状況によっても変わってくるので、過信は禁物です。

 

クレジットカードは以上のように学生でも作ることができます。また、特典も充実しています。そのため、将来に備えて作っておくと良いでしょう。多くのクレジットカード会社は、学生カードの有効期限が切れた後は、一般カードに切り替えてくれます。社会人になってからクレジットカードを作ることは、逆に学生段階で作るよりも大変な傾向にあります。学生時代には重視されなかった収入が重点的にチェックされるからです。そのため、学生時代につくっておくことで、厳しい審査に落とされるということはなくなります。

 

ただし、学生時代には十分な収入がないことは事実です。そのため、発行されるカードの限度額は一般に低い限度額になっています。そのため、大きな買い物をする時には不便を感じるでしょう。そのようなときには、デスクに連絡することで一時的に枠を広げてもらうことができる場合もありますので、活用してみてください。