貯まったポイントの有効な使い方

クレジットカードで支払をするとポイントが付与されますが、使用法は様々なので有効な使い方をして得をしましょう。
どのような使い方が一番有効かというのは人によりますが、多くの場合お得に使うことが出来る方法としてキャッシュバックであったり、引き落とし額に充当をしてもらうというものがあります。

 

キャッシュバックは文字通り現金が戻ってくるわけですから、多少還元率が悪い場合であっても自由に使うことが出来る分だけ一番有効なものとなりますし、引き落とし額に充当という形でも値引きを受けることが出来るのと同じですからこれもお得です。

 

次に商品券などと交換をするという方法もあり、これもキャッシュバックと同じような価値のあるものですから、還元率によってやキャッシュバックよりもこちらを選んだほうがいいというケースがあります。

 

例えば、現金だと4500円のキャッシュバックにしかならないが、商品券だと5000円分になるといった場合その商品券を使うことが出来る店で買い物をする予定があるのであれば、現金にするよりも商品券に交換をしてしまったほうがお得ということになるのです。

 

同じように電子マネーであったり、別のポイントと交換をするという方法もあります。電子マネーはコンビニ等で利用を出来るので、普段良くコンビニを利用する人にとっては現金と同じ価値がありますし、ポイントも同様に通販で使用をすることができたり、実店舗で現金と同じように使うことが出来るポイントなどがあるのでこのようなものに変えれば、自由度の高い使い方ができます。

 

有効な使い方をするためには還元率を細かくチェックして、どのようなものに変えるのが一番お得なのかということを確認することが大切です。日用品などと交換をすることが出来る場合も多いのですが、これは逆に非常に効率の悪い方法となってしまって、キャッシュバックであったり商品券と交換をしてそこから安く売っている店で購入をしたほうがお得です。

 

もちろん、交換できるものがこのようなものしかなかったというケースではそれを選ぶより他ありませんから、気にする必要はありませんが他に選ぶことが出来るものもある時には還元率もよく考えておきましょう。

 

ポイントを有効活用することが出来るかどうかによって、クレジットカードを使用することによる恩恵というのは大きく変わってきますから、どのような使い方をすれば一番いいのかということは常に考えておくことが大切です。